kitahira blog

徒然なるままに、Benoitへの思いのたけを書き記そうかと思います。

2020年10月11月≪惜秋特別プラン≫と≪デザート&カフェセット≫のご案内です。

 日ましに秋めく今日この頃。日中の気温こそ、まだまだ汗にじむほどではありますが、朝晩には肌寒さを感じるほどとなりました。「涼風(すずかぜ/しんりょう)」というと、夏の季語。秋に感じる涼しさは「新涼(しんりょう)」や「初涼(しょりょう)」というそうです。夜半は、涼しいというよりも、少しばかり冷たい風になったように思います。

 

 古人は、秋の音色を奏でるバッタのことを「虫」と表現しています。コオロギを筆頭に、マツムシやスズムシ、そしてキリギリス。どの虫がコオロギなのか?マツムシなのか?スズムシなのか?今のような昆虫図鑑があるわけもなく、ただただその音色の違いで分けていたような感があります。堅い識者のように、それでは困ります、というのは野暮というもの。虫学者でもない限り、それでよいと思うのです。

 鳴いてはいないが、虫の鳴き声の織りなす美しいメロディーのことを、古人は「虫時雨(むししぐれ)」と名付け、毎夜のように聞き入っていたことでしょう。この音色は、かつてはオーケストラのようでも、今は弦楽四重奏のような感もありますが、ひとつひとつの音色は今も昔も変わりはないはずです。ここは、古人にならい、秋晴れの中で、秋を探しに散策にでかける一環として、虫時雨に聞き耳をたてることも一興なのではないでしょうか。

f:id:kitahira:20201021144939j:plain

秋の野に 人まつ虫の 声すなり われかと行()きて いざ訪(とぶら)はむ  詠み人しらず

 さて、マツムシは「待つ・虫」であると、古人はいいます。秋の散策で人を待っているといわれるマツムシの声が聞こえてくるではないか。きっと自分のことだろう、いざ訪れん!いやいや待っているのは、Benoitです。秋の日々にBenoitから「旬食材が待っています」と声(ご案内)が届いている。美味しい料理が待っている!さあ足の赴くままにBenoitへ行こうではないか!

 お後がよろしいようで…皆様との再会を心待ちにしております。

 

≪惜秋特別プランのご案内です。≫

f:id:kitahira:20201021144942j:plain

 降り注ぐ太陽の陽射しが万物を育て上げ、四季折々の風はその土地土地に味わいをもたらせます。その風のもたらした美味しさこそ「風味」であり、風味の満ち満ちたものが旬の食材なのではないでしょうか。この旬の食材は、美味しいばかりではなく、いま我が欲している栄養をも持ち合わせています。

 人の体は食べたものでできています。「美しい(令)」季節の秋食材が「和」する料理の数々。これを美味しく食べることで、人は笑顔になり、体の内側から湧き出でる力となる。そして、我々をウイルス災禍から守ってくれることでしょう。さらに「口福な食時」のひとときが、どのようなものかを知ることができるはずです。

 そこで、日頃より並々ならぬご愛顧を賜っている上に、自分よりご案内している長文レポートに目を通していただけている皆様の労に報いるため、≪惜秋特別プラン≫をご案内させていただきます。期間は、メールを受け取っていただいた日より、202011月末まで。ご予約は、自分へのメールをご利用ください。お急ぎの場合には、以下のBenoitメールアドレスより、もちろん電話でもご予約は快く承ります。

benoit-tokyo@benoit.co.jp

 

ランチ

前菜+メインディッシュ+デザート

4,500円→4,000円(税サ別)

前菜x2+メインディッシュ+デザート

5,500円→5,000円(税サ別)

前菜+メインディッシュx2+デザート

6,800円→6,000円(税サ別)

ディナー

前菜+メインディッシュ+デザート

6,800円→6,200円(税サ別)

前菜x2+メインディッシュ+デザート

7,800円→7,200円(税サ別)

前菜+メインディッシュx2+デザート

9,100円→8,200円(税サ別)

プリ・フィックスメニューの料理内容は、当日にメニューをご覧いただきながらお選びいただきます。ご希望人数が8名様以上の場合は、ご相談させてください。

  

≪平日限定 デザート&カフェのセットを始めました!≫

f:id:kitahira:20201021144919j:plain

 平日限定で13:30より、カフェとデザートのセットサービスを始めさせていただきました。デザートはBenoit自慢のラインナップよりお選びいただけます。仕事の息抜きに、ご子息様のお迎え前に、表参道散策の最中に、甘い「口福」のひとときをお楽しみください。

 ランチ営業を行っているため、ご予約を承ることができません。皆様にご足労を賜りながら、お席がございませんとお伝えすることは心苦しいものです。そこで、お越しいただける際には、13:00過ぎにBenoitへご連絡をいただけると幸いです。お席の状況をお伝えさせていただきます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

平日限定

13:30 16:00 (15:00 L.O.)

デザート+マドレーヌ+コーヒー

2,000円(税サ別)

※デザート内容は、ランチプリ・フィックスメニューを参照ください。一部追加料金の必要なデザートもございます。そして、コーヒーは、もちろん紅茶やハーブティーに変更可能です。 

 

Benoit京都へ≫

f:id:kitahira:20201021144922j:plain

 今春にBenoit京都が、オープンいたしました。日増しに美しく色づく紅葉・黄葉が、皆様を京都への旅路へとお誘いしているようです。そこで、並々ならぬご愛顧を賜っている上に、Benoitメンバーズカード保有している皆様に、ささやかな贈り物をさせていただきます。

 Benoitメンバーズカードを、Benoit京都での会計時に提示していただけると、ご利用金額より5%割引をさせていただきます。残念ながら、京都でのポイントの利用や加算には、今少しの猶予をいただけると幸いです。

 

≪北平のBenoit不在の日≫

 私事で恐縮なのですが、自分がBenoitを不在にしなくてはならない10月の日程を書き記させていただきます。

26日(月)終日

28日(水)ディナー

31日(土)終日

 上記日程以外は、Benoitを優雅に駆け回る所存です。自分への返信でのご予約はもちろん、BenoitのHPや、他ネットでのご予約の際に、コメントの箇所に「北平」と記載いただけましたら、自慢の料理の数々を語りに伺わせていただきます。

 皆様にお会いする機会を賜りながら、自ら放棄する無礼、ご容赦のほどよろしくお願いいたします。自分が不在の日でも、お楽しみいただけるよう万全の準備をさせていただきます。何かご要望・質問などございましたら、何気兼ねなくご連絡ください。

 

 帰路の道中、人を待つというマツムシ声が聞こえてくる。自分を待ってくれているのではないかと、マツムシを訪ねてみようではないか。もちろん、野に入り込むわけではなく、虫時雨に導かれるように歩を進める。すると、待っていたのは虫ではなく、美しい凛と咲き誇る白い花でした。この花の名は?

 詳細をブログに書き記しました。お時間のある時に以下よりご訪問いただけると幸いです。身近に見かけたさいにはご注意を!

kitahira.hatenablog.com

 

 「一陽来復」、必ず明るい未来が我々を待っております。そう遠くない日に、マスク無しで笑いながらお会いできる日が訪れることを願っております。皆様のご健康とご多幸を、一刻も早い「新型コロナウイルス災禍」の収束ではなく終息を、青山の地より祈念いたします。

 

ビストロ「ブノワ(BENOIT)」 北平敬

www.benoit-tokyo.com

季節のお話「妖艶なるアサガオの花」

秋の野に 人まつ虫の 声すなり われかと行()きて いざ訪(とぶら)はむ  詠み人しらず

 日ましに秋めく今日この頃。日中の気温こそ、まだまだ汗にじむほどではありますが、朝晩には肌寒さを感じるほどとなりました。仕事柄、帰路に着くころには、すっかりと日が暮れています。人もまばらな道のりに、月夜の頃には、かくも月は明るいものなのかと、秋の月夜に感慨を覚えます。秋の気まぐれな天気だからこそ、雲間からのぞく月の姿もまた趣き深いもの。星月夜ともなると、知らず知らずのうちに月を探して夜空を見まわしてしまう自分がいます。

f:id:kitahira:20201021143521j:plain

 古人も「秋の名月」を眺めていたはずであり、その姿は今も昔も変わりはありません。そして、コオロギを筆頭に、マツムシやスズムシの奏でる音色も変わりはないはずです。この響き渡る秋の虫たちの音色を、古人は「虫時雨(むししぐれ)」と名付けました。秋の哀愁の念をともない、心に染み入るかのような音色を、毎夜のように楽しんでいたことでしょう。

 「秋の野」にゆかずとも、其処彼処(そこかしこ)で響き渡る「虫時雨」。どなたかのお家の庭であり、駐車場であり、もちろん公園であり、静まり返った夜半ともなると、都内でも十分に楽しむことができます。ここはひとつ、ただのうるさい「虫の鳴き声」とはせずに、美しく響く「虫の音色」として耳を立ててみてはいかがでしょうか。

 さて、マツムシは「待つ・虫」であると、古人はなかなかに粋なことをいう。帰路の道中、人を待つというマツムシ声が聞こえてくる。自分を待ってくれているのではないかと、マツムシを訪ねてみようではないか。もちろん、野に入り込むわけではなく、虫時雨に導かれるように歩を進める。すると、待っていたのは虫ではなく、美しい凛と咲き誇る白い花でした。

 

f:id:kitahira:20201021143500j:plain

 夜半に花咲くこの植物の名は、アサガオのような花なので「夜顔(ヨルガオ)」なのではないかと調べてみると、意外な花の名前にでくわしました。この花は「朝鮮朝顔(ちょうせんあさがお)」といいます。アサガオという名の付く花は、花の形が似ていることが特徴で、花開くタイミングによって「朝顔」「昼顔(ヒルガオ)」「夕顔」、そして「夜顔」とあります。ここに、「朝鮮朝顔」が加わったのです。植物の分類上では、アサガオヒルガオ科に与しています。列挙した「○○ガオ」の中に、、仲間外れが2つ入っています。

 花こそ似ていますがユウガオはウリ科、チョウセンアサガオはナス科の植物です。ユウガオは干瓢(かんぴょう)として馴染みの食材、チョウセンアサガオがナス科であれば、美味しい実を成すのではないかと思うものです。今の時代にあって、見知らぬ草木をホイホイと口にすることはないかと思うのですが、決して口にしてはいけません。この植物自体が危険極まりない毒性を持っているのです。

 この植物の毒性薬効転用は古くから知られており、15世紀に興った中国明王朝医学書にすでに書き記されており、日本には江戸時代に薬用植物として持ち込まれたといいます。当時代の外科医、華岡青洲(はなおかせいしゅう)は、この薬効に着目し、精製することで麻酔薬「通仙散(つうせんさん)」を調合し、世界初の全身麻酔による手術を成功させています。猛毒であるフグ毒が鎮痛剤になるように、チョウセンアサガオ毒は麻酔薬に姿を変える。そのため、今の公益社団法人日本麻酔科学会のロゴにデザインされているのは、この花です。

f:id:kitahira:20201021143503j:plain

 チョウセンアサガオの「チョウセン」とは、朝鮮が原産であるということではありません。日本の固有種に似ているが、少し違う在来種である草木であるという意味で名付けれたのだといいます。原産地は南アジアです。そういえば、地中海沿岸が原産地であるアーティチョークのことを、「朝鮮薊(ちょうせんあざみ)」と日本語で表記します。なるほど、日本に似ているアザミがあるが少し違う…少しどころではありませんが…

 

 このチョウセンアサガオにも、もちろん花言葉があります。「夢の中」「陶酔」「小悪魔的な魅力」…どのような花なのか知るほどに納得してしまう花言葉です。危険な植物であるのですが、暗闇の中で、月明かりやほのかな街灯で照らされる、この妖艶なる花の姿に魅せられる。いっとき現実を忘れてしまうかのような夢心地にひたる。一線を越えてしまうと夢の中から抜け出せなくなる危険性もある、「小悪魔的な魅力」とはかくものなのか。しかし、「毒を以て毒を制す」とはよく言ったもので、有効活用することで我々に恩恵をもたらしました。

f:id:kitahira:20201021143506j:plain

 マツムシの音色に誘われるかのように、自分がこの花に出会った場所は、建物裏の草むらの中。家主は知ってか知らぬかわかりませんが、育てている感はありません。声高らかに「危険だ」と声をかけるのは野暮というものでしょう。自分が出会う前から自生していた自然の理(ことわり)です。そっと眺めるのが良いのかと。コロナウイルス災禍による混沌とした世界の中で、疲労困憊しながら夜半に帰路につく我々へ、チョウセンアサガオはこう語りかけているのかもしれません。

「今日も一日お疲れ様でした…」と。

 

 このチョウセンアサガオが花開いているの丸一日程かと思います。朝顔と名がつくだけに、朝も目にすることができるのですが、心急(せ)いているのか見落としがち。闇夜で凛として花開いている姿こそ、花言葉にあい相応(ふさわ)しいと思うのです。そして、2日目の夜には「別れ」を迎えることになります。この刹那(せつな)さがまた、花の美しさを際立たせているのではないでしょうか。

 「会者定離(えしゃじょうり)」とは世の常ながら、「出会い」が無ければ、「別れ」もありません。人世には悲喜こもごもありますが、「出会い」の無い人生は全く平凡なもので、つまらないものだと考えています。食の世界でも同じことで、季節折々で旬を迎える食材の無い、食事では飽きてしまうことでしょう。旬の食材の美味しさを知っているからこそ、旬の短い「ひととき」を待ち焦がれ、大いに楽しむものです。

 「美味(おい)しい」とは、「美しい味」と書きます。美しさには限りがあり、限りがあるからこそ美しい。いずれは終わりを迎える食材の美味しさを見逃してはいけません。我々は、美味しいなかに「口福な食時」のひとときを感じ取ります。さあ、足の赴くままにBenoitへ、旬の食材を数々が、「料理」へと姿を変え、皆様をお待ちしております。もちろん、チョウセンアサガオは食材として使用してはおりません!

 

 「一陽来復」、必ず明るい未来が我々を待っております。そう遠くない日に、マスク無しで笑いながらお会いできる日が訪れることを願っております。皆様のご健康とご多幸を、一刻も早い「新型コロナウイルス災禍」の収束ではなく終息を、青山の地より祈念いたします。

 

ビストロ「ブノワ(BENOIT)」 北平敬

www.benoit-tokyo.com

2020年秋 ≪コース料金改定≫と≪惜秋特別プラン≫のご案内です。

思ひやれ 真柴のとぼそ おしあけて ひとりながむる 秋の夕ぐれ  後鳥羽院

f:id:kitahira:20200930213620j:plain

 和歌に対する造詣が深く、同時代に藤原定家という天才に恵まれたこともあり、勅撰和歌集の編纂の勅令を下しました。この英断によって、優美を極めた「新古今和歌集」が今に遺ることになります。しかし、1221年の鎌倉時代鎌倉幕府執権の北条義時に対して挙兵するのです。この承久の乱は幕府側の勝利に終わり、後鳥羽院隠岐(おき)の島に配流(はいる)されることになります。

 「思ひ遣(や)る」とは、悲しみや憂いの気持ちを晴らす他に、遠くの人を思いやるという意味もあります。「真柴のとぼそ」とは、柴を編んだ門扉のことで、粗末な住処(すみか)であることを、婉曲に表現しています。

 歌帝が隠岐の島で詠まれたのが、冒頭の一首です。遠い地にいる自分の境遇を思いやってくれはしないか。柴の戸をおしあげ、はっきりと何を見るというわけでもなく、ひとり物思いに耽りながら眺める秋の寂しい夕暮れです。権謀術策うごめく中で、文武両道であったことで頭角を現すも、失脚します。栄枯盛衰の人生を悔いているのか、はたまた世の常として甘受しているのか。古語である「眺(なが)む」とはどのようなものなのか、我々に教えてくれる一首なのではないでしょうか。

 世界中を席巻しているCovid-19災禍は、いまだ収束の兆しは見えません。歴史を振り返ってみると、病原菌や悪性ウイルスによる災禍は、幾度となく繰り返しています。我々は、今できるウイルス対策を粛々とこなしてゆくことしかないのでしょう。大いに悩むも、医療素人の自分に何か解決策があるわけでもありません。

 昼と夜の営業時間の合間に、換気のために非常階段の扉を開けることが常となりました。今、ディナー営業前には秋の夕暮れを眺めることができます。何を見つめてるわけではなく、ただひとり「眺む」、Benoitからの夕暮れです。涼しくなってきた秋の風が、幽愁の思いを導いてくるかのようです。

f:id:kitahira:20200930213616j:plain

 

101日より、Benoitの料理価格を改定させていただきます。≫

 2020年10月1日より、Benoit料理メニューの価格改定を実施させていただきます。新しい価格については、HPのMENUの項目か、次にご紹介させていただく「惜秋特別プラン」の元値を参照いただけると幸いです。

 日頃より並々ならぬご愛顧を賜っております皆様より大切な時をお預かりすることを、自分を含めスタッフ一同、しっかりと胸に刻み、皆様が「口福な食事」のひとときをBenoitで過ごすことができるよう、最善を尽くさせていただきます。なにとぞご理解賜りますよう、よろしくお願いいたします。

 

≪惜秋特別プランのご案内です。≫

f:id:kitahira:20200930213613j:plain

 降り注ぐ太陽の陽射しが万物を育て上げ、四季折々の風はその土地土地に味わいをもたらせます。その風のもたらした美味しさこそ「風味」であり、風味の満ち満ちたものが旬の食材なのではないでしょうか。この旬の食材は、美味しいばかりではなく、いま我が欲している栄養をも持ち合わせています。

 人の体は食べたものでできています。「美しい(令)」季節の秋食材が「和」する料理の数々。これを美味しく食べることで、人は笑顔になり、体の内側から湧き出でる力となる。そして、我々をウイルス災禍から守ってくれることでしょう。さらに「口福な食時」のひとときが、どのようなものかを知ることができるはずです。

 そこで、日頃より並々ならぬご愛顧を賜っている上に、自分よりご案内している長文レポートに目を通していただけている皆様の労に報いるため、≪惜秋特別プラン≫をご案内させていただきます。期間は、メールを受け取っていただいた日より、202011月末まで。ご予約は、自分へのメールをご利用ください。お急ぎの場合には、以下のBenoitメールアドレスより、もちろん電話でもご予約は快く承ります。

benoit-tokyo@benoit.co.jp

 

ランチ

前菜+メインディッシュ+デザート

4,500円→4,000円(税サ別)

前菜x2+メインディッシュ+デザート

5,500円→5,000円(税サ別)

前菜+メインディッシュx2+デザート

6,800円→6,000円(税サ別)

ディナー

前菜+メインディッシュ+デザート

6,800円→6,200円(税サ別)

前菜x2+メインディッシュ+デザート

7,800円→7,200円(税サ別)

前菜+メインディッシュx2+デザート

9,100円→8,200円(税サ別)

 プリ・フィックスメニューの料理内容は、当日にメニューをご覧いただきながらお選びいただきます。ご希望人数が8名様以上の場合は、ご相談させてください。

 

 秋の夕暮れに吹き抜ける秋の風。真夏の猛暑に疲弊した体には、心地良さを感じるものです。そして、得も言われぬ幽愁(ゆうしゅう)の思いが我々を包み込む。「ひとりながむる」ことで、さらに深くなる。

 「憂愁=幽愁」と辞書に記載があります。憂愁は、「悩み苦しむこと、悲しみ」とある。では、幽愁は「心の奥底の憂い、悲しみ」なのだと。分かったようで分からない、同じような気もします。

 両者に共通する「愁」は、「愁(うれ)い」とも読み、思い悩むことを意味します。「憂」もまた「憂(うれ)い」と読み、同意です。そうすると、憂愁は、ダブルで思い悩むことで苦しい、日々の生活の中で起きうる人間関係や、金銭関係などで苦しみながら思い悩むこと。「幽」には奥深いという意があります。そうすると、自分ではどうすることもできない自然の摂理への、手の届かないどうしようもないことへ思い悩むことなのか。こう考えると、過ぎ去る秋への想いは、「幽愁」こそあい相応しいのでしょう。

 Benoit特選食材で仕上げた美味なる料理の数々を逃してしまうことは、憂愁なのか幽愁なのか?ここは、皆様の判断にお任せいたします。よく見ると、「愁」の字は、秋に心と書いています。思い悩むことが多いのが秋なのかもしれません。

 ここはいっそのこと、足の赴くままにBenoitへお越しいただき、愁うことなく旬の食材をお楽しみいただく。そうすれば、憂愁でも幽愁でも、どちらもお構いなしという、全て万事解決となることでしょう。皆様との再会を、愁うことなく心待ちにしております。

 

 季節のお話から始まる10月特選食材ダイジェストへのご案内です。今回は「手招く尾花」という題目で書かせていただきました。尾花と何の花で、何をおいでおいでと手招きしているのか。ぜひお時間のある時に、以下より季節のお話をご訪問いただけると幸いです。

kitahira.hatenablog.com

 

 夏食材も終わりを告げ、深まりゆく秋に合わせ、Benoitにも秋食材が続々と届けられることになっております。どのような食材が10月に登場するのか?いそぎ知りたい方は以下より、秋の食材ダイジェスト版をご覧ください。

kitahira.hatenablog.com

 

 「涼風(すずかぜ/りょうふう)」というと、夏の季語。秋に感じる涼しさは「新涼(しんりょう)」や「初涼(しょりょう)」というそうです。秋分を迎え、暦の上では秋の最中。もう涼しさを感じていらっしゃることと思います。秋らしい寒暖の差は、知らず知らずのうちに体力を奪ってゆくもの、十分な休息と睡眠をお心がけください。

 そういえば、「女心と秋の空」とはよく耳にいします。しかし、江戸時代には「男心と秋の空」といったそうです。移ろいやすい心の持ち主は、いったいどちらなのでしょうか。

 

 「一陽来復」、必ず明るい未来が我々を待っております。そう遠くない日に、マスク無しで笑いながらお会いできる日が訪れることを願っております。皆様のご健康とご多幸を、一刻も早い「新型コロナウイルス災禍」の収束ではなく終息を、青山の地より祈念いたします。

 

ビストロ「ブノワ(BENOIT)」 北平敬

www.benoit-tokyo.com

2020年10月11月≪秋の特選食材≫のご案内です。

 「景色」とは、四季を感じる自然景観のことだと、語源辞典「漢辞海」が教えてくれます。その中で、釈名(しゃくみょう/古代中国の賢人が書き遺した語源辞典)では、「景」とは「境である。明るく照らす場所に境限(=かぎり)があるから。」という。境限があるからこそ、四季があり一年にメリハリがでるのかもしれません。その時々に境限があり、その時々に姿を見せてくれる自然景観が景色なのです。旬の食材とは、ある意味で景色なのかもしれません。そして、時は進む一方で戻ることはできません。

 秋が我々をそ知らぬ顔で過ぎ去ってゆくのと同じように、秋の食材も我々が楽しむまで待ってくれるという「情け」は持ち合わせていないようです。夏食材も終わりを告げ、深まりゆく秋に合わせ、Benoitにも秋食材が続々と届けられることになっております。そこで、どのような食材が10月に登場するのか?食材ダイジェスト版として、皆様にご案内させていただきます。

「秋はとまらぬ ものにぞありける」

 

飛騨高山の伝統野菜「宿儺かぼちゃ」が届きます!

f:id:kitahira:20200930212247j:plain

 岐阜県の飛騨高山に伝承される鬼神「宿儺(すくな)」の名を冠する伝統野菜。今年もBenoitに届きます。大きなサイズになればなるほど、栽培が難しくなると言われるなかで、この見事なサイズにまで育て上げられるには、どれほど手間暇をかけねばならないことか。高山市で「かぼちゃ名人」と称される若林さん率いる、熟練の栽培者の方々よりBenoitへ送っていただきます。

 薄い表皮を削ると、見事なほどの黄色がかったオレンジ色が姿を見せます。和かぼちゃの多くは、味わいが素朴であるのに対し、この宿儺かぼちゃはそれとは一線を画します。コクのある甘さを持ちながら、後引く旨さに和かぼちゃらしい優しさがあります。洋かぼちゃにはない和かぼちゃの美味しさに舌鼓を打つこと間違いありません。

f:id:kitahira:20200930212244j:plain

 ランチでは、黄金色のスープへ。ディナーではグラタンへ姿を変え、お肉のお供をする予定です。

 

≪フランスの洋栗は、毎年恒例のスープへ!≫

f:id:kitahira:20200930212256j:plain

 この時期になると、必ず問い合わせがくるのが、「栗のスープ」です。ビロードのようなという意味の「ヴルーテ」という名前にてディナーメニューに名を連ねます。

 滑らかでフランスの栗らしい甘さとコクがある。洋栗だけではちろん甘くなる。そこで、味わいを引き締めるために加えるのは、栗の渋皮です。赤ワインのタンニンと同じ「渋味」を加えることで、前菜として立ち位置を獲得したのです。なぜ、毎年秋にBenoitのメニューに登場するのか?あまりにも美味しいからです。お問い合わせをいただく理由をご理解いただけるのではないでしょうか。

※この栗の画像は、恵那川上屋さんの毬栗(いがぐり)です。

 

フランスから「キノコいろいろ」が飛行機に乗って到着します!

f:id:kitahira:20200930212301j:plain

 秋の味覚の代表ともいえる「キノコ」。冬本番を迎えるにまえに、ぜひとも味わっておかねばなりません。今期もフランスから飛行機の乗って、ピエ・ブルー(シメジの仲間)、プルーロット(ヒラタケの仲間)、ジロール(アンズ茸の仲間)とトランペット・ドゥ・ラ・モー(「死のトランペット」という名前ですが毒キノコではありません)の4種類が、届けられるよていです。ひとつひとつの香りこそ地味ですが、ちゃっちゃと熱を加えることで放たれることで芳しい香りをはなつようになり、風味豊かになります。

 さあ、どのような料理へ姿を変えるのでしょうか?

 

≪秋のBenoit料理を彩る日本の魚たちです

f:id:kitahira:20200930212234j:plain

 昨今の地球温暖化を含めた気候変動は、海の中も例外ではありません。いつもであれば、○○漁港からの直送です!とご案内するのですが、あまりにも漁獲量が安定しないため、今秋は魚卸しの老舗「大芳(だいよし)」さんにご協力を仰ぎました。築地から豊洲と移るも、創業75年を誇るだけに、日本全国津々浦々より市場に集まる魚群から、見事な目利きで選ばれた逸品がBenoitに届きます。

f:id:kitahira:20200930212230j:plain

 上の画像は、マサバ。下の画像で鋭い牙を見せているのがタチウオ。画像はないですが、美味なるマツカワカレイが、メニューに名を連ねます。タチウオとカレイに関しては、Benoit初登場です。さあ、Benoitではどのような料理に姿を変えるでしょうか。

 

≪海外から、秋のBenoit料理を彩る魚たちです

f:id:kitahira:20200930212304j:plain

 そして、美味しいものを希求したがために、海外から届けられるのがアトランティックサーモンです。サケ目サケ科には、北太平洋を拠点とするお馴染みの白鮭と、北大西洋のアトランティックサーモン(大西洋鮭)がいます。なぜこの分類の話をするかというと、似たものにサケ目サケ亜科のトラウトサーモンなるものがあるからです。これは鱒(ます)の仲間です。

 魚類は、その筋肉中の血色素のミオグロビンの含有量により「赤身」「白身」に区分されています。赤身の魚はマグロ、カツオ、サバなどの回遊魚に多く、白身の魚は、カレイ、ヒラメ、タイなど。サケは切り身がお馴染みなので、皆様いともたやすく想像できるはずです。では、鮭と鱒は赤身なのか白身なのか、どちらでしょう?

f:id:kitahira:20200930212226j:plain

 このサケ目の仲間(以下、「サケ」と記載)は、「白身魚」です。サケの身色は、赤身魚のように血色素のミオグロビンではなく、「アスタキサンチン」という色素物質によるものです。「トマトのリコピン」や、「ニンジンのβカロテン」などと同じ、カロテノイドと呼ばれる天然色素群のひとつです。さらに、このカロテノイド群は強い抗酸化作用があるのです。リコピンとβカロテンなどは、健康補助食品サプリメントとしても存在しているほどです。

 その、カロテノイドの中で最強とうたわれているのが、「アスタキサンチン」なのです。ウィキペディアによると、抗酸化作用はビタミンCの約6000倍、コエンザイムQ10の約800倍、ビタミンEの約500倍、βカロテンの約40倍とも言われてるのです。ビタミンEは細胞膜の内側で、βカロテンは細胞膜の中心部でというように、効果を発揮する場所が限られているといいます。ところが、アスタキサンチンは細胞膜の内側と外側の両方で活躍するのだというのです。

 このスーパー抗酸化物質「アスタキサンチン」を、サケが自ら作り出すことはできません。生まれた時から常に泳ぎ続け、回遊範囲はまさに大海原、活性酸度がわんさかと体内で発生してゆきます。いうなれば、サケは抗酸化物質を必要としてる側であり、餌として体内に摂りこみ蓄えるようになったといいます。

 「アスタキサンチン」は、藻類の一部や甲殻類の殻に多く含まれています。サケが表層を回遊することを考えると、甲殻類は食すのは難しいでしょう。ではどうやって体内に摂りこむのか?このアスタキサンチンを含み、外洋の表層を遊泳する、エビに酷似した大型プランクトン、オキアミでした。

 サケは、オキアミから得ることのできたアスタキサンチンを体内に蓄え、泳ぎ続けることで生まれる活性酸素を抑え込み続けます。そして、このアスタキサンチンが、サケの身色をサーモンピンクへと変えていたのです。サクラマスがヤマメであれば、身色の違いは一目瞭然です。そして、サケの産卵が近くなると、この色素でもあるアスタキサンチンは、体表に婚姻色として、さらに卵にも表れます。「いくら」の色は、アスタキサンチンによるものだといいます。

 このアスタキサンチンというカロテノイドは、いまだ解明されていないことが多く、人にどれほど有用かは定かではありません。しかし、化学的に作り上げた物質ではなく、自然界に存在するものだからこそ、何かしらの良い影響を信じてもいいのではないでしょうか。美味しく旬のものをいただきながら、体の中から免疫力をあげてゆく。今一度、サケを見直す良い機会ではないでしょうか。

 今回はアトランティックサーモンのブランドでもあるノルウェーサーモンと、同じ仲間でありながら、南半球で養殖されたタスマニアサーモンが届くことになっております。

 

 「鮭(さけ)と鱒(ます)の違いとは?」知っているようで知らないことではないでしょうか?鱒(ます)という大きな分類の中に、鮭(さけ)があるのかと思っておりました。飲食を生業としながら、この認識の甘さに大いに反省させられることになりました。そこで、皆様を「鮭と鱒」の世界へと誘(いざな)わせていただきます。

kitahira.hatenablog.com

 

岐阜県恵那の老舗和菓子処から“和栗”がBenoitへ!そして、2020年版モン・ブランに姿を変えます。

f:id:kitahira:20200930212251j:plain

 昨年に引き続き、岐阜県恵那市の「恵那川上屋」さんより、和栗を炊きほぐしていただいた栗のペーストを送っていただきます。56年間もの間、栗に向き合ってきた彼らの慧眼は本物です。岐阜県恵那の地は昔から中山道の宿場町として栄えていました。旅人が秋に立ち寄る理由は、美味しい栗料理に栗菓子を提供していたからです。

 この連綿と受け継がれてきた「和の技法」をもって仕上げらえた栗のペースト2種類がBenoitに届きます。恵那川上屋さんの代名詞的な「栗きんとん」そのもの。それと、Benoit用に和栗を炊き上げ、加糖せずに仕上げたもの。この風味の異なる2つ和栗ペーストが、Benoitでフランスの栗と出会い、2020年のモン・ブランへと姿を変えるのです。

f:id:kitahira:20200930212238j:plain

 丹精込めて育ててくれる栽培家、栗を知り尽くした熟練した技術工房スタッフ、そして栗を愛するお客様。恵那川上屋さんは、栗を愛する皆様を「栗人(くりうど)」と名付けました。栗を通して大きな喜びの和となることを目指しています。その和に、快くBenoitを加えていただけたのです。我々が栗の栽培ができないのはもちろん、栗の選別や下ごしらえなどは、経験に裏打ちされている経験がものをいい、さらに途方もない手間暇がかかります。その貴重な栗のペーストを、Benoitへ送っていただくのです。

 皆様、Benoitの栗のデザートを通し、「栗人の和」への仲間入りをいたしませんか?

 

山形県朝日町大谷の遠藤農園さんからりんご「紅玉」」が届く予定です。

f:id:kitahira:20200930212241j:plain

 リンゴはいともやたやすく購入できますが、「紅玉」という品種となると、栽培している方は、軒並み減少します。生食にて、しゃくっとした心地良い食感と甘みに満ちた新品種が続々と登場し、昔ながらの硬く酸っぱいりんごである「紅玉」は敬遠されているようです。しかし、ことデザートとしてリンゴを選ぶ場合、生食にて美味なる日本のリンゴでは、加熱した際に甘すぎて酸味がないため適しません。やはり、紅玉をおいて他にはありません。

 昨年に出会うことができた、山形県朝日町大谷(おおや)の遠藤農園さん。彼の紅玉を試食したBenoitシェフパティシエール田中は、「見事なバランスで素晴らしい!」と太鼓判を押したのです。今期も直送していただこうと思います。しかし、昨今の悪天候から収穫開始日は未定です。

 可愛い小柄な紅玉は、1人1玉半ほど使用して、デザートに仕上げます。皮を剥き、スライスしたものを、ロメルトフというリンゴの形に模した素焼きの器にキレイに盛り込みます。今までは、リンゴ以外に加えるものはブラウンシュガーのみでした。今期は、さらなる美味しさを追究することで、スパイスが加えられることになりました。なぜスパイスを加えたのか、どれほど美味しくなったのか、気になりませんか?

 

 降り注ぐ太陽の陽射しが万物を育て上げ、四季折々の風はその土地土地に味わいをもたせる。その風のもたらした美味しさこそ「風味」であり、我々はここに「口福な食時」を見出すのです。そして、旬を迎える食材は、人が必要としている栄養に満ちています。そして、人の体は食べたものでできています。「美しい(令)」季節に秋食材が「和」する逸品に出会い、食することで無事息災に秋をお過ごしください。

 

 「涼風(すずかぜ/りょうふう)」というと、夏の季語。秋に感じる涼しさは「新涼(しんりょう)」や「初涼(しょりょう)」というそうです。秋分を迎え、暦の上では秋の最中。もう涼しさを感じていらっしゃることと思います。秋らしい寒暖の差は、知らず知らずのうちに体力を奪ってゆくもの、十分な休息と睡眠をお心がけください。

 そういえば、「女心と秋の空」とはよく耳にいします。しかし、江戸時代には「男心と秋の空」といったそうです。移ろいやすい心の持ち主は、いったいどちらなのでしょうか。

 

 「一陽来復」、必ず明るい未来が我々を待っております。そう遠くない日に、マスク無しで笑いながらお会いできる日が訪れることを願っております。皆様のご健康とご多幸を、一刻も早い「新型コロナウイルス災禍」の収束ではなく終息を、青山の地より祈念いたします。

 

ビストロ「ブノワ(BENOIT)」 北平敬

www.benoit-tokyo.com

季節のお話「手招く尾花」のご紹介です。

 万葉集の中に記載されている山上憶良の名句が、当時の野に咲き誇っている秋の花が何であるかを教えてくれます。そして、人々はこれぞ「秋の七草」だと賞賛したのです。

 

秋の野に 咲きたる花を (および)折り かき数ふれば 七種(ななくさ)の花

(はぎ)の花 尾花(おばな)葛花(くずばな) 撫子(なでしこ)が花 女郎花(をみなえし)また藤袴(ふじばかま) 朝顔が花

f:id:kitahira:20200930210056j:plain

 山上憶良は、野を見渡して、咲き誇る美しい花々を指折り数えてみると、7種あったと感嘆の声を上げている。自分はというと、2句目を小声に出しながら指折り数え、7種類を言えているいることに安堵している。同じように指折り数えるにしても、世界観があまりにも違い過ぎます…

 万葉の時代、話し言葉としての日本語はあったものの、書き言葉としての日本語はありませんでした。我々が使っている「ひらがな」は平安時代まで待たねばなりません。当時は、漢字の読みや、漢字のもつ意味を当て字のように使い、和歌を書き残したのです。これが「万葉仮名」です。原文では「七種花」と書き記し「ななくさのはな」と読む。そして、ここに「秋の七草」という言葉が誕生するのです。

 「七草」と言いながら、「萩」は草ではありません。枝垂れた細枝に花を咲かすために、草のように思えなくもありません。賢人も、たまには見誤るのか。そう思ったのですが、原文に「草」とは一文字も書いていない。山上憶良は、萩が草ではないことをもちろん知っており、「草」とは書かず、「種」としたのか?はたまた、万葉の時代には、咲き誇る花々を総称して「くさ」と表現しており、後世に「草」をあてたのか?皆様はどう思われますか?

 秋の七草の筆頭に挙がる「萩」については、今月にご紹介した「萩と野分」の中で、国訓であるとお話させていただきました。和歌の世界では、秋の花としてどれほど愛でられてきたことか。多くの歌人が詠い遺す中での天才の一句のお紹介です。お時間のある時にご訪問いただけると幸いです。

kitahira.hatenablog.com

 

 秋の到来を教えてくれる萩の花は、そろそろ咲き終えるでしょうか。今回ご紹介した「秋の七草」の殿(しんがり)の重責を担うのは、「尾花(おばな)」よばれる植物。この漢字から想像がつきやすいかと思うのですが、これは「ススキ」です。

 秋の七草の中では、我々にとって其処彼処で目にすることのできる、馴染み深い草なのではないでしょうか。「月」とは群を抜いた相性も見せており、2020年10月1日の「中秋の名月」では、皆様のご家庭でもお月見団子とともに飾られるのではないでしょうか。たわわに実る稲穂に似ていることからも、五穀豊穣を祝う祭事でも欠かせない存在です。

f:id:kitahira:20200930210030j:plain

 このススキ、何が花なのかよくわからず、姿を見るとすでに咲いているようにさえ思ってしまいます。上の画像は咲き始め。次にご案内する姿が咲き誇った姿です。花穂に違いがあるものの、この立ち姿こそがススキであり、多くの歌人を魅了して止まなかったのでしょう。冬になって花が枯れてしまっていても「枯れすすき」として、立派な季語として存在しているのです。

 今では限られた地でしか見かけないものの、それでもススキは自生し、立派な秋の風景を演出しています。こと、平安時代では、ススキはが広々と根を張り、草原を成していたことでしょう。風になびくように穂を垂れたような姿は、こっちこっちと、まるで我々を手招きしているかのようではないですか。ホラー映画にも出てきそうな場面でもありますが、ここは、秋晴れの下での清々しい光景を思い起こしてください。

 

花すすき まねく袂(たもと) あまたあれど 秋はとまらぬ ものにぞありける  藤原元真(もとざね)

f:id:kitahira:20200930210037j:plain

 大海原を想わせるようなススキの群生が、我々を秋の玄関口へと手招きしている。それにもかかわらず、秋という季節は、そ知らぬふりをして立ち止まることなく足早に過ぎ去ってゆくものです。移ろいゆく秋の景色は、刻一刻と姿を変えてゆき、同じ景色などないもの。その変わりゆく美しさに心惹かれるも、もう少しゆっくりと秋を満喫したいものだよ。そのような幽愁(ゆうしゅう)の想いが込められた一句のような気がいたします。

f:id:kitahira:20200930210034j:plain

 秋が我々をそ知らぬ顔で過ぎ去ってゆくのと同じように、秋の食材も我々が楽しむまで待ってくれるという「情け」は持ち合わせていないようです。夏食材も終わりを告げ、深まりゆく秋に合わせ、Benoitにも秋食材が続々と届けられることになっております。そこで、どのような食材が10月に登場するのか?食材ダイジェスト版として、皆様にご案内させていただきます。

kitahira.hatenablog.com

 

 「涼風(すずかぜ/りょうふう)」というと、夏の季語。秋に感じる涼しさは「新涼(しんりょう)」や「初涼(しょりょう)」というそうです。秋分を迎え、暦の上では秋の最中。もう涼しさを感じていらっしゃることと思います。秋らしい寒暖の差は、知らず知らずのうちに体力を奪ってゆくもの、十分な休息と睡眠をお心がけください。

 そういえば、「女心と秋の空」とはよく耳にいします。しかし、江戸時代には「男心と秋の空」といったそうです。移ろいやすい心の持ち主は、いったいどちらなのでしょうか。

 

 「一陽来復」、必ず明るい未来が我々を待っております。そう遠くない日に、マスク無しで笑いながらお会いできる日が訪れることを願っております。皆様のご健康とご多幸を、一刻も早い「新型コロナウイルス災禍」の収束ではなく終息を、青山の地より祈念いたします。

 

ビストロ「ブノワ(BENOIT)」 北平敬

www.benoit-tokyo.com

≪九月尽特別プラン≫と≪お勧め料理・デザート食べ納め≫のご案内です。

 旬の食材には、いま我々が欲している栄養に満ち満ちています。その食材を美味しく食べることで、人は笑顔になり「口福な食事」のひとときとなります。そして、その笑顔は体の内側から湧き出でる力となり、我々をウイルス災禍から守ってくれることでしょう。

 日頃より並々ならぬご愛顧を賜っている上に、自分よりご案内している長文レポートに目を通していただけている皆様の労に報いるため、≪九月尽特別プラン≫を食べ納めとなる食材や料理とともに、ご案内させていただきます。期間は、20209月末まで。ご予約は、自分へのメールをご利用ください。お急ぎの場合には、以下のBenoitメールアドレスより、もちろん電話でもご予約は快く承ります。

benoit-tokyo@benoit.co.jp

 

ランチ

前菜+メインディッシュ+デザート

3,800円→3,530円(税サ別)

ランチ

前菜x2+メインディッシュ+デザート

4,800円→4,460円(税サ別)

ディナー

前菜+メインディッシュ+デザート

6,100円→5,680円(税サ別)

ディナー

前菜x2+メインディッシュ+デザート

7,100円→6,600円(税サ別)

 プリ・フィックスメニューの料理内容は、当日にメニューをご覧いただきながらお選びいただきます。ご希望人数が8名様以上の場合は、ご相談させてください。

 

 猛暑に悪態をつきつつも、名残惜しい夏とのお別れとなる「九月尽」です。10月には大幅にメニューが変更になるため、食べ納めとなるものばかり。そこで、残り1週間を切りましたが、皆様に特選食材とお勧めする料理を、以下にご紹介させていただきます。尽きるにはまだ早い!

 

≪最初の一皿は、冷製ヴィシソワーズでいかがですか?≫

f:id:kitahira:20200925104220j:plain

 毎年Benoitの夏季に登場する冷たいスープは、今期はジャガイモです。馴染みの食材ですが、素材が持ちうる美味しさを十分に楽しむには、やはりコツがありました。ジャガイモの繊細な甘さと滑らかさを生かすために、クリームではなくミルクでのばしてゆくのです。それだけでも美味しい、そこへプルンと鶏のブイヨンが加わることで、味わいに深みが増してきます。そして忘れてはいけないものが、バターをたっぷりつかったクルトンです。「後のせサクサク」とすることで、香ばしさと心地よい食感が生まれるのです。

 まだまだ残暑の残る昨今にあり、この冷たいスープから食事を始めるのも一興なのではないでしょうか。ランチでもディナーでも、プリ・フィックスメニュー前菜の選択肢として名を連ねます。

f:id:kitahira:20200925104216j:plain

VICHYSSOISE rafraîchie, garniture taillée

ジャガイモの冷製スープ “ヴィシソワーズ”

 

 ≪さらば、愛しきレバーテリーヌ…≫

f:id:kitahira:20200925104401j:plain

 Benoitがビストロである真髄は、やはり「テリーヌ」にあるのではないでしょうか。あまりにも有名な料理だけに、これといった決まった素材や調理法があるわけではなく、シェフの個性が表現される料理でもあります。Benoitの王道でもある「テリーヌ・ド・カンパーニュ」へ、割って入ってきたのが9月末までの期間限定「鶏レバーのテリーヌ」です。

 鴨を太らせたレバーが「フォアグラ」であれば、ニワトリを太らせると「白レバー」です。これをたんまり使うのですが、これではレバーペーストになってしまいます。そこで、豚の肩肉で肉肉しい食感と豚の背油で旨味を加えるように、よく混ぜ合わせ、テリーヌの型で焼き上げます。レバーの比率が高いため、熱が入り過ぎればパサパサとなる。断面がほのかにピンク色の、この職人技ともいえる火入れが、まとわりつくような白レバーの旨味を逃がしません。レバー好きにはぜひお楽しみいただきたい逸品です。

 Benoitランチのプリ・フィックスメニューに名を連ねます。もし、ディナーでご希望の際には、ご予約の際にご希望数をお伝えください。

f:id:kitahira:20200925104357j:plain

TERRINE DE FOIE DE VOLAILLE, pain toasté

鶏レバーのテリーヌ

 

≪「魚のスープ」が、皆様を地中海へと誘(いざな)います!≫

f:id:kitahira:20200805111008j:plain

 皆様の目の前で、スープがそそがれた直後から、磯の香りに包まれます。濃厚な茶色を帯びた深みのあるオレンジ色の液体に、透明感はないが輝いている。濃厚ながら、甲殻類のような濃さではなく、さらりとした感さえあるものの、余韻に感じる魚の美味しさに酔いしれることになるでしょう。

 五臓六腑に染み入るかのような美味しさは、猛暑に疲れた体を癒してくれそうな気がします。目を閉じれば潮騒(しおさい)が耳に届き、目を開ければ、Benoitの窓からは地中海が望める…かもしれません。

f:id:kitahira:20200805111012j:plain

Soupe de POISSON de roche, rouille et croûtons aillés

魚のスープ ルイユとクルトン

(追加料金 ランチ+800円 / ディナー+600円)

 

 7月になると、必ず問い合わせが入る、自慢の魚のスープです。美味しさを追求するあまり、どれほどの魚種にこだわっているのか、詳細をブログに書き記しております。2枚目の魚たちの画像が気になる方は、ぜひ以下よりご訪問ください。

kitahira.hatenablog.com

 

 ≪夏の魚といえば、スズキです!≫

f:id:kitahira:20200925110838j:plain

 夏の魚の代表と言えば、「スズキ」ではないでしょうか。脂ののったイワシの群れを追い求め、パクリパクリと喰らいつく。美味しいイワシをたらふく食べているスズキが美味しくないわけがありません。この切り身を、しっとりと時間をかけながら焼き上げてゆきます。

 魚の旨味を凝縮させてたようなジュをベースに、ケッパーとオリーブの旨味を加え、ヴィネガーの心地よい酸味を与えます。この甘酸っぱく仕上がったソースは、ナスとの相性も抜群。特に、魚の下に敷いている焼き叩いた長ナスに、このソースが絡め、スズキとともにお召し上がりいただいた時、それぞれの食材の織りなすマリアージュに、惜夏の想いを感じ取っていただけるはずです。

f:id:kitahira:20200925110841j:plain

Blanc de BAR doré, aubergine confite, condiment câpres/olives noires

スズキのオーブン焼き 茄子のコンフィ ケッパー/オリーブ

 

 ランチでは、宮城県気仙沼港で水揚げされた「メカジキ」です。200kg前後の、筋肉隆々(りゅうりゅう)としたこの美しい切り身をご覧ください。丁寧に捌いてゆき、厚めにカットし、休ませながらしとりと焼き上げます。まさに魚ステーキのように。

f:id:kitahira:20200925110834j:plain

ESPADON au plat, aubergine confite, condiment câpres/olives noires

メカジキのオーブン焼き 茄子のコンフィ ケッパー/オリーブ

 

Benoitではなかなかお目にかかれない仔羊料理、今月末までです!≫

f:id:kitahira:20200925104338j:plain

 仔羊の骨付きロース肉を表面に焼き色を付け、ふつふつとしたバターをふりかけながら、ゆっくりゆっくり熱を加えてゆく。この魅惑的な香りをどう表現したものか。表面には美味しそうな焼目がつくが、中はまだ生のままです。肉が内包している温まった肉汁を利用し、中からじっくり熱がゆきわたるように、温かい肉部屋で休ませます。美味しく焼き上げるために30分以上を要します。

 赤ワインを加えて仕上げたマスタードの上にラムチョップを盛りつけ。仔羊の旨味が凝縮したジュと呼ぶソースで仕上げます。じゅわ~と音が聞こえてきそうですが、もちろん無音です。

f:id:kitahira:20200925104326j:plain

 添えている美しい緑の円盤状のものは、パート生地の上に、たっぷりの荒くカットした枝豆をのせ、ハナニラスナップエンドウを飾り、パルメザンチーズをふりかけて焼き上げたもの。枝豆の触感と甘さが後引く美味しさで、これだけで前菜として通用するのではないかと思えるほどです。

f:id:kitahira:20200925104323j:plain

AGNEAU rôti, légumes verts au jus

仔羊のロースト 枝豆と緑野菜

(追加料金 ランチ+1,500円 / ディナー+1,200円)

 

 2020年の桃のデザートが、終わりを迎えようとしています!≫

f:id:kitahira:20200925104414j:plain

 2020年のBenoitの桃のデザートが、まもなく終わりを迎えようとしております。8月は岐阜県高山市の亀山果樹園さから、「白鳳」に始まり、「昭和白桃」を経て「黄金桃」へ。9月は山形県天童市の滝口果樹園さんへと継投してゆきました。今年の荒れた天候により、この桃の継投がどれほど「きわどい」ものであったことか…

 桃の継投の殿(しんがり)の大役を担ってくれたのは、晩生の品種「さくら白桃」です。画像を見るからに硬そうな印象を持たれるかと思います。これが育種されたのは最近のことで、まだまだ知られていない品種なのです。しゃくっという硬めの、まるでリンゴのような食感です。しかし、白桃の美味しさを持ち、なおかつ甘みが強いのです。

f:id:kitahira:20200925104334j:plain

 滝口果樹園さんにお願いし、9月初旬にごっそりと購入させえていただきました。総数30箱!届いた時には、あまりの量に不良在庫とならないかと心配でしたが、まったく余計な心配だったようです。今や残りが10箱を切ってしまいました。とうとう、今期最後を迎えようとしているのです。

 少しばかり、今回の「さくら白桃」を送っていただいた山形県天童市の滝口果樹園さんのことを。以前から、自分が知っていたわけではありません。9月の桃探しで、八方塞がりの自分に、救いの手を差し伸べてくれたのが「香川県さぬき市物語」でご登場いただいた、鹿庭さんでした。彼の言葉を引用させていただきます。

f:id:kitahira:20200925104331j:plain

 桃の栽培は堆肥など有機物を多く使い、収穫は一気にしてしまわずに、一つの木でも4回くらいに分けて味がのったものだけを選びながら収穫してゆきます。そのため、常に出荷できるわけではなく、収穫のタイミングでそのときいいものだけを選ぶので出荷数が限られたりすることがあるそうです。あまり多くを語らない若い生産者さんなのですが味がいつも安定していますのでおそらく土地の土質やバランスが良いのではないかと思います。

 滝口さんが丹精込めて育て上げた「さくら白桃」を使ったヴァシュランとはどのようなデザートになるのか。詳細は以下よりブログをご訪問いただけると幸いです。

kitahira.hatenablog.com

Vacherin aux PÊCHES

山形県さくら白桃のヴァシュラン

(追加料金 ディナー+800円)

 

Benoitシェフソムリエ永田の秘蔵のコレクションを、特別価格で皆様へ!≫

ワインの銘醸地として、名高いブルゴーニュ地方。南北に拡がる彼の地の、ほぼ中央に位置しているのが「Beaune (ボーヌ)」の街。そこに、1750年から素晴らしいテロワールを表現したワイン造りを行なっている老舗があります。45haの自社畑を所有し、そのうちの殆どがプルミエ・クリュとグラン・クリュ。また、パートナーの契約農家から供給されるブドウで自社畑産ワイン同様に高品質なワインを醸しているこの造り手は…

Domaine CHANSON (ドメーヌ・シャンソン)」

さて、なぜDomaine CHANSONの話をしているのか。いつもであれば、ご当主が来日し、Benoitでワインパーティー開催!と告知するのですが、昨今の状況はこれを許しません。そこで、皆様には、この老舗が醸すワインをBenoitのお食事とともに、皆様のご都合で、お楽しみいただこうと。特選ワインを特別価格で、皆様にご提案させていただこうと思います。Benoitシェフ・ソムリエ永田の、この一言から始まりました。

「このような逸品が、ワインセラーの奥底に眠っているのです」と。

f:id:kitahira:20200817113705j:plain

≪白ワイン≫

2015 Chassagne-Montrachet 1er cru Les Chenevottes

16,000円(税サ別)

2015 Puligny-Montrachet 1er cru Les Folatières

16,000円(税サ別)

 

≪赤ワイン≫

2012 Corton grand cru

16,000円(税サ別)

 

※すでに特別価格なため、ワインの日では割引対象外となることをご了承ください。

 

希少な逸品なために、ご希望の際は、すぐに返信またはBenoitへご一報をいただけると幸いです。2020年10月末までに、Benoitへお越しいただきますこと、なにとぞよろしくお願いいたします。ご予約日まで、希望数を大切に保管させていただきます。どれほど美味しいワインなのでしょうか?ワインごとに自慢話をブログに書き記させていただきます。少しでも参考になれば幸いです。

kitahira.hatenablog.com

 

  「涼風(すずかぜ/しんりょう)」というと、夏の季語。秋に感じる涼しさは「新涼(しんりょう)」や「初涼(しょりょう)」というそうです。秋分を迎え、暦の上では秋の最中。もう涼しさを感じていらっしゃることと思います。秋らしい寒暖の差は、知らず知らずのうちに体力を奪ってゆくもの、十分な休息と睡眠をお心がけください。

 そういえば、「女心と秋の空」とはよく耳にいします。しかし、江戸時代には「男心と秋の空」といったそうです。移ろいやすい心の持ち主は、いったいどちらなのでしょうか。

 

 「一陽来復」、必ず明るい未来が我々を待っております。そう遠くない日に、マスク無しで笑いながらお会いできる日が訪れることを願っております。皆様のご健康とご多幸を、一刻も早い「新型コロナウイルス災禍」の収束ではなく終息を、青山の地より祈念いたします。

 

ビストロ「ブノワ(BENOIT)」 北平敬

www.benoit-tokyo.com

季節のお話「萩と野分」のご紹介です。

萩の葉に かはりし風の 秋の声 やがて野分の 露くだくなり  藤原定家

f:id:kitahira:20200925103744j:plain

 2020年9月22日に「秋分」を迎え、朝晩の涼しさが増してきたように思います。今年の中秋の名月(旧暦8月15日)は、10月1日にあたるそうです。そう考えると、今は旧暦8月の最中(さなか)ということになります。8月は、美しく生い茂るから葉月(はづき)とも呼ばれています。

 この頃に、涼しさをもたらす北風が吹き、秋深くなってゆくのだと古人はいう。陽炎(かげろう)が立ち上りそうな大気だったものは、すっかりと澄み渡り、空や海の青さが際立つような気がいたします。そのため、この北風は「青北風(あおきたかぜ)」と名付けられました。この青北風は、今ではなかなか目にすることが難しくなった渡り鳥である雁(かり)の渡来を助けるのだと信じ、「雁渡(かりわた)し」とも呼ばれています。この風に呼応するように咲き誇っているのが、秋の七草の「萩(はぎ)」です。

 万葉の時代から秋の代名詞的な花だった「萩」は、草冠に秋と書くだけあって、日本人が考え出した「国字」と思っていました。しかし、「国訓」だったのです。国字とは日本人が作り出した漢字で、国訓は既に存在する漢字に日本人が新たな読みを加えたもの。中国には、キク科の多年草であるヨモギの類のことを指し示す「萩(しゅう)」という漢字がすでに存在していました。日本のハギはマメ科多年草であり別品種です。古人は中国から伝来してきた「萩」の漢字に、日本のハギの美しさを見出したのでしょう。「萩(しゅう)」に「はぎ」という読みを当てたのです。「中国の萩」と「日本の萩」は別物なのです。

 昨今の朝晩の冷え込みによって、夜半に空気中の水蒸気が冷やされ、水滴となり葉や枝に現れたものが「露」です。陽が昇り、その朝露が眩いばかりにきらきらと輝くさまに、ついつい足を止めて見入ってしまうものです。平安時代歌人は、枝垂れるように伸びた先に花咲く萩の花や、その葉に宿る露に得も言われぬ美を見出しました。

萩の下露

f:id:kitahira:20200925103741j:plain

 涼をもたらす、心地良い風の音に秋の訪れを感じ、萩の下露で秋を実感する。そのような風情に浸っているなかで、なにやら不穏な風の音が聞こえてくるではないか。やがて野分(のわけ)が襲来するのだろう。野分はその字の如く、野を分けるような暴風のことで、今で言う台風のこと。その暴風が野だけではなく、萩の花や下露までをも砕き払ってしまうのだろう。

 旧暦の8月は、今頃にあたり、葉が美しく生い茂るから「葉月」であると前述いたしました。この時期は、野分の到来の多いもの。冬とは違い、樹々の葉は元気いっぱいであり、野分には負けじと踏ん張る姿が目に浮かびます。この健気な姿から葉月と名付けたのではないか?はたまた、野分で咲き誇る花々が散りゆき、葉だけ残るために葉月なのではないか?なかなか感慨深いものです。

 その野分の無慈悲に、嘆き悲しむ藤原定家の姿が自分には見えてきません。歌聖や歌仙とも違う、歌帝と評された後鳥羽院をも魅了した和歌の天才だけに、どのような思いをこの歌に込めたのでしょうか?聞き慣れない大きな音は、不気味な上に恐怖心を煽るものです。野分の猛威には今ほどに情報のないために、万全を期すことができません。遠方の友の安否を、心砕くほどの心配を詠んだのかもしれません。

 今年の野分は、想定外の動きと猛威を持っているようです、備えあれば憂(うれ)いなし、万全の準備をもってお過ごしください。そして、昨今の新型コロナウイルス災禍は、人に移動を制限し、人と人が会う機会を失わせることになりました。いまだお会いしていない方が多い中で、このメールを受け取っていただけるということは、無事息災であると信じております。いまだ収束の見えないウイルス災禍です。無理は禁物、十分な休息と睡眠をお心がけください。

 

 旬の食材には、いま我々が欲している栄養に満ち満ちています。その食材を美味しく食べることで、人は笑顔になり「口福な食事」のひとときとなります。そして、その笑顔は体の内側から湧き出でる力となり、我々をウイルス災禍から守ってくれることでしょう。

 そこで、Benoitでは、「九月尽」と銘打った特別プランをご用意させていただきいました。詳細は、以下より次のブログをご訪問いただけると幸いです。お勧めの料理もご紹介しております。

kitahira.hatenablog.com

 

 「一陽来復」、必ず明るい未来が我々を待っております。そう遠くない日に、マスク無しで笑いながらお会いできる日が訪れることを願っております。皆様のご健康とご多幸を、一刻も早い「新型コロナウイルス災禍」の収束ではなく終息を、青山の地より祈念いたします。

 

ビストロ「ブノワ(BENOIT)」 北平敬

www.benoit-tokyo.com